片山酒造 | お知らせ



01.31

おむすび居酒屋陶

IMG_4088

宇都宮から友人が来たので、地元の名店「おむすび居酒屋陶」さんへお連れしました。

こちらのお店はお料理もとってもおいしくて、お勧めです。

片山酒造の日光路で乾杯しました!




01.30

銀世界

IMG_4078

今年は雪が多いです(^^ゞ

酒蔵も真っ白になりました。

冬の青空とのコントラストがきれいです。

酒造りはこれからもっとも忙しくなります。

寒さに負けずがんばります!!




01.29

栃ノ心初優勝

大相撲初場所で春日野部屋の栃ノ心関が幕の内で優勝しました。

片山酒造は長年春日野部屋とお付き合いがあり、

46年ぶりの優勝に感激しました。

平幕優勝は6年ぶりのとのことですが、

その6年前は栃煌山が優勝決定戦まで行って、

残念ながら旭天鵬に敗れてしまったとき以来ということです。

そのとき私は春日野部屋で鏡開きの準備をしていました(^^ゞ

膝の大けがで幕下まで落ちて、努力で這いあがった栃ノ心関に

心からお祝いを申し上げます!

おめでとうございます。




01.28

日光連山

IMG_4056[1]

日曜日の朝、大谷川沿いのサイクリングコースを散歩しました。

真っ白な日光連山を眺めながら約1時間、

冷たい風も心地よく感じました。

この大自然があるから、おいしい水があり、酒造りできるわけです。

感謝の気持ちでこれからも酒造りがんばります!




01.27

純米大吟醸留仕込み

IMG_4003

極寒仕込みです(^^ゞ

洗米の時、米の温度はマイナス1℃でした。

これまで22年酒造りに携わってきましたが

今までで一番寒いです。

240kgの山田錦を、2時間かけて素手で洗米!

手の感覚が無くなりました(゜o゜)

この純米大吟醸はこれから約1カ月かけて発酵します。

おいしいお酒ができますように!




01.26

【お詫び】本日、大吟醸の上槽を行いますが、純米大吟醸の仕込みとスケジュールが重なってしまい、誠に申し訳ありませんが、酒蔵への立ち入りを制限させていただきます。

【お詫び】本日、大吟醸の上槽を行いますが、純米大吟醸の仕込みとスケジュールが重なってしまい、誠に申し訳ありませんが、酒蔵への立ち入りを制限させていただきます。多くの方に見学していただきたいのですが、人手不足でご案内できないこともあり、また、鑑評会出品の衛生面を考慮してのことでもあり、何卒お許しいただきますようお願い申し上げます。




01.25

純米大吟醸

DSCN0070

おはようございます。今朝はマイナス4℃、酒蔵の中も0℃でした。

いよいよ今シーズンのハイライト、純米大吟醸の仕込みになりました。

片山酒造では機械化せず昔ながらの製法を行っているため、

気温の変化にかなり影響を受けます。

大吟醸の仕込みは蒸米を半日ほど蔵の中で冷ましてからタンクに投入しますので、

この寒さは絶好のコンディションです^0^

 

現在純米大吟醸は売り切れております。

お待ちいただいているお客様に、美味しいお酒をお届けできるようがんばります!




01.24

大雪

IMG_3958

昨日の大雪すごかったです!

4年前の時を思い出しました。

そのときは麹つくりの最中停電になり

真っ暗な麹室で作業をしたのを覚えています。

今回はとくに大きな被害もなく

酒造りは順調に進んでいます。




01.23

連日の麹つくり

IMG_3901

酒造りに携わる者は納豆は食べてはいけないと、

歴代の杜氏さんから厳しく言い伝えられてきました。

なぜかといいますと、

納豆菌が麹室に入ると

麹菌のじゃまになってしまうからなんです。

納豆菌も麹菌もおなじカビの一種です。

35℃の室温も納豆菌にとっていい温度のため

納豆菌が繁殖してしまう可能性があるんです。

いい酒を造るためには、よけいな菌があっては困るので、

我々は仕込み中は絶対に納豆は食べません。

すべてはお客様に美味しいお酒を飲んでいただくためです!




01.22

麹つくり

IMG_3883

室温35℃の麹室で

純米吟醸の仕込みに使う麹を作っています。

麹菌をどのように繁殖させるか、

米の水分を計りながらの作業です。

お客様に美味しくのんでいただけるよう

真剣に取り組んでいます。




« 前ページへ