片山酒造 | お知らせ



06.06

片山酒造の水へのこだわり

DSC00152

日本三名瀑のひとつに数えられる「華厳の滝」から流れる大谷川の伏流水が、片山酒造の仕込み水です。

片山酒造の創業者片山久太郎が新潟柏崎から出てきて酒蔵を建てるときに、
まず最初にいい水の出るところを探して、現在のこの場所今市にたどり着いたと聞いています。

この水は硬度2度の軟水で、口に含んだ瞬間ちょっと甘く感じるようなやさしい味です。
この水が片山酒造のお酒の個性を際立たせているといっても過言ではありません。

片山酒造の店番商品ははアルコール19度の原酒柏盛ですが、
このやわらかい水を使うことによって、
アルコール度数が高い割には飲みやすいタイプに仕上がっています。

片山酒造では全体的にやや辛口の仕込みをしていますが、
試飲会などでお客様にお味見していただくと、
甘口のように感じられる方も多いのはそのような訳です。

余談ですがこの水でお茶を煎れたりご飯を炊いてみてください。本当においしくなりますよ!

片山酒造では、ペットボトルなどをお持ちいただければどなたでも無料で仕込み水をお分けしています。
自慢のお水をぜひ飲んでみてください!