片山酒造 | お知らせ



11.24

催事のご案内です。

さいか屋藤沢店7階催事場開催中の
「とちぎの物産と観光展」
に片山酒造も出展しています。

今回初めての出店ですので、
藤沢のお客様にはあまりなじみはないかもしれませんが、
日光の名水で仕込んだ原酒柏盛や酒ケーキなどをお持ちしていますので、
よろしくお願いします。

期間は本日11月24日から11月30日までの七日間です。




11.14

紅葉真っ最中

いよいよ日光は紅葉のシーズンに入りました。

道路が混んでいる・・ということを除けばこの紅葉は心が安らぎます。

一年に一度のこの季節。今年は紅葉どうかなーー?なんて言われておりましたが、とてもきれいに色づいております。

酒蔵の前にももみじがあるのですがちょうど色づいていてプチ癒しになっております。

お店番がなければ私ももみじ狩りしたいです・・・。(悔)




11.13

表彰状

関東信越国税局酒類鑑評会優秀賞の賞状をいただきました。

002

こういうものって何度もらってもいいものですね(笑)

酒造りって早朝から深夜までひと冬の間蔵に入りっぱなしで、

本当に地味な作業が多いんです。

苦労して造ったお酒がこのように素晴らしい賞をいただいてとてもうれしいです。

また、お客様に「おしいい」って言ってもらえればなおうれしく、

今年の仕込みもがんばろうって気持ちになるんです。

 

片山酒造では今回賞をいただいた大吟醸も蔵で試飲できますので、

お気軽にお立ち寄りください。




11.12

下野新聞に掲載されました。

本日の下野新聞13面に関東信越国税局酒類鑑評会の記事が掲載されています。

img003

栃木県の酒蔵で入賞したところが紹介されていて
片山酒造(日光市)「柏盛」と小さく名前が載っています。

これからもいいことで新聞に名前が載るようにがんばります!




11.10

表彰式

鑑評会で優秀賞をいただいたのがうれしすぎて、ブログの更新を忘れていました(汗)。

036

第81回関東信越国税局酒類鑑評会吟醸酒の部
片山酒造の原酒柏盛「大吟醸ほほえみ」が優秀賞を受賞しました。
これまで片山酒造を支えてくださったお客様をはじめ、
関係する多くの方に心から感謝申し上げます。

今だから言えますが、この一年間本当に大変な苦労がありました。

昨年の9月、杜氏の松井栄一さんが白血病で急逝しました。
さあこれから仕込みという時に突如起こった悲劇、
目の前が真っ暗になったのを覚えています。
今から急いで代わりの杜氏さんを探すのか、
それとも杜氏さんを雇わず自分たちだけで仕込みをするのか、
最悪今年一年仕込みを休むことも選択肢の一つにありました。

亡くなった松井栄一さんは2004年に片山酒造に来ました。
とても厳しい杜氏さんでしたが、
おかげさまでそれまで縁のなかった鑑評会に入賞するレベルに、
わずか数年で押し上げてくれたんです。
ただ、後継者がいなかったものですから、
私の弟で片山酒造の専務を務める智之が松井栄一さんの下について酒造りを教わっていました。

今年の仕込みをどうするか悩みに悩みました。
飲めない酒をあおった日々もありました(笑)。
これから片山酒造はどうなってしまうのか、眠れない夜もありました。
最終的には弟と相談し、
「失敗してもいいから松井さんから教わった酒造りをやってみっぺ」ということになり、
全くの手探り状態のままひと冬酒造りをしたというのが真相です。

そんなわけで、今回の受賞は私にとっても本当に特別なうれしい知らせでもありましたし、
片山酒造としても、ひとつの試練を乗り越えた大きな出来事であったと思います。
もちろん受賞したからといっておごったり天狗になったりすることなく、
これからも松井栄一さんから教えてもらった酒造りを基本に忠実に行って、
お客様においしいって言ってもらえるお酒を造っていきたいと思っています。
これからも片山酒造をよろしくお願いいたします。

038

039

040

041

042

043

天国の親方さん、ありがとうございます。




11.05

関東信越国税局酒類鑑評会

うれしいニュースが飛び込んできました。
第81回関東信越国税局酒類鑑評会吟醸酒部門で片山酒造の大吟醸が優秀賞(金賞)を受賞しました。

これまで支えてくださったお客様に感謝します。

表彰式などの写真は明日アップします。