片山酒造 | お知らせ



01.31

大吟醸 留仕込み

今朝は大吟醸の留仕込みということで240kgの山田錦を仕込みました。

RIMG0782

例年ですとこの時期は最も寒くて、

それに合わせて大吟醸を仕込むわけですが、

今年は本当に暖かいですね。

蔵の中で米をさらして冷ますのもいつもより時間がかかってしまいました。

RIMG0783

まぁとりあえずここまで順調にきているので一安心です。

 

お店の方も、今日は観光のお客さんが多くて、結構忙しかったです。

ありがたいですね。




01.30

大吟醸 仲仕込み

45%精米の山田錦140kgを仕込みました。

蔵のなかに米を広げて手作業で冷却します。

RIMG0769

今日はかなり暖かかったので、いつもより時間が掛ってしまいました。

お昼過ぎにようやくタンクに投入!

RIMG0770

かなりハードな日々が続いてまして、

肉体的にはつらいのですが充実した毎日です。

 

明日は留仕込みです。




01.29

大吟醸 添仕込み

大吟醸の酒母が完成していよいよ添仕込みが始まりました。

早朝のうちに水麹を作って準備しておき

蒸した山田錦を蔵の中に敷いたむしろでさらして、

冷ましてタンクに投入します。

IMG_5330

全ての工程を手作業で行うので蔵人の労力は大変なものですが、

お客様に「おいしい」と言ってもらいたい、

ただそれだけのためにがんばっているといっても過言ではありません。

 

仕込みがうまくいきますように!




01.28

大吟醸 洗米

明日は大吟醸の添仕込みということで、

山田錦70kgを洗米しました。

RIMG0647

ストップウォッチ片手に、用意スタートの掛け声!

ピーンと張り詰めた空気が酒蔵に充満します。

毎年気候が変化し、水の温度も変わるので、お米の吸水には充分注意して作業します。

今日もなんとか狙い通りの吸水率にすることができました。

明日の添仕込みがんばります。




01.27

強力助っ人

大吟醸の麹の切り返しの時、

毎年近所の友人たちが手伝いに来てくれます。

RIMG0756

大吟醸の麹は、切り返しで温度を下げないように手早くやらなければならないんです。

そこで一人でも多く手伝ってもらえると助かるのですが、

本当に頼りになる友をもって幸せです。

麺やのF君、和菓子屋のT君、 板金屋のN君ありがとう、心から感謝しています。

おいしいお酒を造って恩返しをしたいです。

 

私も何かの時には手伝いに行きますんで、声を掛けてね(笑)




01.26

留仕込み

三段仕込みの三段目を留(とめ)仕込みといいます。

蒸しあがった630kgの五百万石を放冷機で冷まして

仕込みタンクに投入します。

RIMG0739

RIMG0738

今年最初の仕込みがまずはひと段落しました。

あとはタンクの温度管理に気を使って発酵が順調にすすむようにします。

いいお酒ができますように!

初しぼりまではまだ3週間ほ7どかかります。




01.25

仲仕込み

三段仕込みの二段目「仲仕込み」です。

320kgの蒸米を放冷機で冷ましてタンクに投入します。

蒸米を何℃まで冷ますか、その判断をしっかりすることが重要です。

RIMG0710 
蔵人の表情は真剣そのもの、

今日もいい仕込みができました(笑)




01.24

踊り

三段仕込みは、初添え仕込み、仲仕込み、留仕込みの三段階に分かれますが、

初添え仕込みの翌日は「踊り」といって一日空けます。

なぜかというとここで、初添え仕込みのお米が発酵するのを待つわけなんですね。

なぜ「踊り」というのかちょっとわかりませんが、

まあこの業界ならではの用語なんでしょうね。

私の勝手なイメージですが、酵母が発酵して活発に踊っているのを想像してしまいます(笑)

明日は「仲仕込み」です。

RIMG0684




01.23

初添え仕込み

1号タンクの三段仕込みが始まりました。

お酒造りはお米を3回に分けて仕込みます。

1回目が初添え仕込みといって、140kgの蒸米を投入します。

RIMG0707

早朝のうちに仕込みタンクに酒母と麹と水をいれておいて温度を測っておきます。
ここで今日の蒸米を何℃に冷まして投入するか計算します。
テキト―にやってるように見えるかもしれませんが、
結構細かく計算したりしてるんですよ。

今日の仕込みはうまくいきました(笑)




01.22

しもつかれコンテスト

栃木県が誇る最強の郷土料理「しもつかれ」。

2月11日に今市の大通りで開催される「花市」のときに、

しもつかれコンテストがあります。

img024

自信のある方はふるってご参加ください。

聞いた話では片山酒造の酒粕を使うと優勝するジンクスがあるとかないとか・・・

まぁ冗談はさておき、今年はどんな味のしもつかれができるのか楽しみです。

 

しかし郷土料理でこれほど嫌いな人がいるもの考え物ですよね。
ちなみに私は大好きです。
見た目で判断しちゃだめですよ!




« 前ページへ